ワンちゃん達との平凡な日常とお菓子つくり


by bubi-chiko
カレンダー

<   2011年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

みそ豚丼

昨日の夕食。 日曜日の日経に載っていたみそ豚丼。
e0203499_12545018.jpg

フライパンひとつで早く出来て、時間のない時に大変便利と思います。
甘辛で美味しいです。
みそ豚丼、ブロッコリーの卵とじ炒め、大根と納豆サラダ、サツマイモの煮物

土手から落ちたママしゃん。007.gif
お天気が良かったので山の方に行きました。
ちょっとした崖を上りたがったので、まぁ2匹を先に行かせれば引っ張ってくれるだろうから私も上がれるわ…と思った私。
もくろみ通りに、タタッと先に上ってくれましたよ。
さぁ、次に私も・・と思って、ひき綱を引っ張った途端、上にいる2匹君、
「うん、どったの?」って感じで2匹はジッと止まってしまった。
挙句の果てに柴ちゃんは「どうした?どうした?」と降りてくる始末。 
顔にぶつかられた私は、ドテン!!
まぁね、普段から盲導犬の訓練と称して、足が悪いふりをしてわざとゆっくり歩いて歩調を合わさせたりしていたんですけれどね。 
気にしてくれたのね、有難うよ。 だけど尻餅ついて痛いよ。

自動車が来たら、「ブーブー来たよ。」って、止まることも教えているんですけれどね、言うタイミングを間違えるとスピッツちゃんなんか、道路の真ん中でじっと立ち止まって、引っ張ろうがお尻を叩こうが動かない。
手を挙げて自動車に止まってもらい、抱っこする始末。
しつけも難しいわ。 
このところの強い春風に馬鹿みたいに吠えまくっていたスピッツちゃん、
声枯れでハスキーボイスです。
[PR]
by bubi-chiko | 2011-03-30 12:53 | 夕食 | Comments(2)
先日の黙想会、かなり衝撃をうけました。
忘れないように、もう1つだけ記しておきます。

人と人をつなぐ関わりのエネルギーは三つ。
エロス、フィリア、アガペーです。
この三つを区別なしにいっしょくたに「愛」と呼ぶから混乱するのです。

エロスは、家族、連れ合い、恋人への愛、つまりは「愛情」です。
  種の保存に根差す自然な物。
フィリアは、限られた仲間や友人の間に自然に湧き出てくるもの。
  つまりは「好感、友情」
アガペーは相手がだれであれ、その人を人として大切に思う気持ち。
エロスやフィリアはいつか薄れたり途切れたりするものです。

大事なのはアガペー。
聖書に言われる・・・・「隣人を自分のように愛しなさい。」 
「互いに愛し合いなさい。」 「敵をも愛しなさい。」
これらの「愛しなさい。」をすべて「大切にしなさい。」と置き換えたらよく判ります。

人を大切にするとは、
忍耐強く相手をすること。
思いやりを持って接すること、等々、どんなことにもめげずに立ち続けること、決して途絶えることはないそうです。

そう言えば、お見合い後、主人と交際していた時、主人が私に聞きました。「愛ってなんだと思いますか?」
私がグチャグチャ言っていると、一言彼が言いました。「思いやり・・だと、
僕は思います。」 高校卒業までは ミッションスクールだったとはいえ、
主人は当時はまだカトリックではありませんでした。
うーん、お父さん、すごいじゃん。 でも、実行しないとねぇ(^_-)

本田神父様は、フランシスコ会の管区長やローマで聖書研究、日本語聖書の共同訳にも携わり、本も何冊か出版されている学者さん。
でも、昔のアッシジの聖フランシスコと同じように、今は、釜ヶ崎で暮らし、
日雇い労働等を一緒にしながら支援されています。
実行が伴ったお話ゆえに、本当に感動しました。
 
参加できなかったお仲間さん達、参考になったかしら。

NHKのニュースで、「小さな春」として、津波の塩害にも負けずに開花した
梅の花を紹介しました。見上げている被災された方の笑顔が素敵でした。
e0203499_14273199.jpg
e0203499_14273984.jpg

今日は、暖かなお散歩でした。 が、夕方から雨になるとか・・。

地震の後、復興の為に身を粉にして働いて下さっている方々、
原発事故のために、危険に身をさらしながら頑張って下さっている方々、
本当に頭が下がります。 有難うしか言えません。

被災地の方々、そしてこのように頑張って下さっている方々、
どうぞお体を大事になさってください。

そして娘ちゃん、
地震酔いは自律神経の失調症から来るそうですよ。
体を動かしても、下を向いても、木が風で動いても、音楽を聴いても地震が起こったように感じるのだそうです。
ボーと外を眺める。 体を動かす。 揺れると思ったら、顔を洗う・・など、
良いそうです。 無理をしないように。 
これから、超多忙になるのでしょう? 大事にしなさいね。
[PR]
by bubi-chiko | 2011-03-29 14:44 | 教会 | Comments(2)

ブラッシしたよ。

娘ちゃん、 ちゃんとブラッシしたよ。

最近ワンちゃんの写真載せたら、娘ちゃんが言いました。
「毛がモコモコじゃない、ブラッシしてる?・・・」
してるんだけれどね、貴女のように力がないからね。 
真似をして「別嬪ちゃんへの道は・・・」と言いながらしましたよ。
e0203499_1338988.jpg
e0203499_13381818.jpg

土曜日の、本田神父様のお話はとてもよかったです。 
カルチャーショックかな。
カトリックはともすれば上から目線で、して上げる…の感じ。
そう言えば、亡き父が昔同じようなことを言ったことがあったね。
一般的にはアガペーを愛すると訳されるが、大切にする・・と訳したほうが
本質的によい。
" To feel and exhibit esteem and goodwill to a person"
"大切に思ってかかわる"
「愛しなさい」ではなく「大切にしなさい」
好きでなくてもいい、愛情を感じられなくてもいい、大切にするのです。
相手を本当に大切にするなら、何をしたら相手に良いか
判る・・と等々、この時期ですので、身に染みました。

昨日も寒かった。 ミサ後、ロビーでストーブに当たりながらお喋りをして
いて、ちょっと振り返ったすきに、コートの裾を焦がしてしまいました。 
あぁあ、気に入っていたんだけれどなぁ・・・。

夕方、四国、淡路島に旅行中のAさんから、サツマイモと新玉ねぎが届きました。
早速今夜、まずはオーソドックスに煮物とスライスオニオンでいただきます。

やっぱり、exblogの具合が悪いそうです。
他の方のブログでもそのようにお断りがしてありました。
私のやり方が悪いんじゃなかった…ホッとしました。
[PR]
by bubi-chiko | 2011-03-28 13:50 | ワンちゃん | Comments(4)

雪だよぉ・・・。

寒い朝です。 また、雪が降っています。
ストーブつけてくれたんですね。
e0203499_8382777.jpg

なんか、こんなカレンダーあったよね。
e0203499_8383810.jpg

ほんとは、こんな美人なんですけれどね。
e0203499_8385172.jpg

やっぱり、いつもどこかに茶々ちゃん持って来ているね。
e0203499_83953.jpg

オカアシャン、いい加減にやめてくませんか。
e0203499_8395720.jpg

この頃、exblogちょっと調子悪いのかなぁ・・・。見れなかったり、写真の立ち上げが遅かったり・・・。

さぁ、黙想会に出かけてきます。 寒いなぁ・・・。
[PR]
by bubi-chiko | 2011-03-26 08:44 | ワンちゃん | Comments(0)

Hくん、おめでとう。

昨夕、孫ちゃんのH君から電話がありました。
H君は最近照れ屋さんになったのか、あまり電話に出てくれないので
嬉しくてしゃべっているうちにね、彼がポツンと言い出しました。
「あのね、今日心臓の検査行ってきました。 大丈夫でした。それでね、
先生がね もう来なくていいって…。」と報告してくれました。
ごめんごめん、それが言いたかったんだね。
おめでとう、よかったね、良くがんばったね。

H君は、幼稚園の時に川崎病にかかって長く入院しました。
大分よくなった頃、ノロに罹患してしまって可哀そうだったね。
あーちゃんはNちゃん係りとお台所当番で駆けつけました。
いつも一緒の双子ちゃんなので、入院している方も、あーちゃんとお留守番している方も可哀そうでした。
お引越しとかも重なって、親たちも本当に心身ともに過酷な時でした。 
みんな本当に良く頑張ったね。
予後の検査で1年に1回心臓の検査に行っていたのが昨日で終了だった
らしい。 H君、良かった!  パパ、ママ、嬉しいね。
本当におめでとう。 おめでとう!!! 
久しぶりに笑顔いっぱいになれる、とても嬉しいお知らせでした。

この方の今朝の初仕事。
e0203499_8434639.jpg
e0203499_844353.jpg

手伝おうと、後ろで待機しているのは?
e0203499_844328.jpg
e0203499_8444397.jpg

あれ、これだけ?
e0203499_8451419.jpg


さぁ、今日も頑張り過ぎないで、ゆっくりいこうね。
やり過ぎると、引っ張り過ぎたゴムのように突然ぷちっと切れちゃうよ。

明日は、四旬節の黙想会です。
我が教会での依頼していた神父様、凧揚げで大腿骨骨折されました。
この時期ですので、もう代わりの方もおられず、お隣の教会に合流することになりました。
釜ヶ崎などで活躍されている方です。 
この時期ですので、良いお話がうかがえるでしょう。
[PR]
by bubi-chiko | 2011-03-25 09:00 | 家族 | Comments(0)

頑張れ!娘ちゃん。

昨夜、本当に珍しく、元気印の娘ちゃんが電話でこぼしました。
「疲れたぁ…。」  か細い声でした。
計画停電がばっちりあたる地域にあり、毎日停電があるそうです。
お仕事の前に段取りよく・・・と思っても、みな考えることは同じで、スーパーも長蛇の列。
余計な仕事と、余計な時間がかかってクタクタらしい。
でも、今までアロマの小さなろうそくで夕食していたのが、教会の使用済みろうそくで明るく夕食が出来たと喜んでくれました。

頑張れ!娘ちゃん。 
私は、いつも貴女の側にいますよ。
今日は貴女の一番のエネルギーの源をいっぱい、いっぱい送ります。

良い顔できましぇーん。
e0203499_12474346.jpg


相変わらずのおすまし。
e0203499_12482752.jpg


S大のお兄ちゃん、走ってるね。
e0203499_1254774.jpg

e0203499_1249388.jpg
e0203499_1249492.jpg
e0203499_12503562.jpg
e0203499_1250453.jpg
e0203499_12505541.jpg

オネエチャン、頑張ってね。

また、パソコンの画面をなでなでしているんだろうね。
ちょっとは元気が出ましたか?  元気の源、役に立ちましたか?
[PR]
by bubi-chiko | 2011-03-24 12:55 | 家族 | Comments(5)

もう少しね・・・。

少しずつ、少しずつ、春が来ているかな。
今朝は、ストーブをつけなくてもよかった、一歩一歩確実に暖かくなっているのですね。

この前の日曜日には、山科教会のごミサにSさんご夫妻と行ってきました。
G神父様が4月末に日本を離れられるので、お別れを申し上げに・・・・。
日本語が難しくて本当にご苦労されましたね。 主人たちは役員、妻達は
典礼のお仕事をしていた関係でお付き合いも多かったのです。
ちゃんと話そうとすれば英語になり、厳しいけれど優しくて、大好きでした。
淋しくなります。 せっかく覚えられた日本語を、また使いに来てくださいね。

1昨日、T神父様から使用済みのろうそくを頂きました。
結婚式、聖週間などで1回使用したろうそくが香部屋にあって、もう使用しないので、お願いしたところ、快くくださいました。 お恵みいっぱいだよ。

ろうそくは、昨日パンを買って家庭菜園の大根や水菜と一緒に息子、
娘の所に送りました。ずらしていたホワイトデーの物も入れたよ。
息子の所には、友人が下さった懐中電灯も入れました。
宅急便業者の方に、3日から5日かかると言われましたが、今朝着いた
そうです。頑張って走ってくれたんだね。 良かったね。

久しぶりにスーパーに行きました。
この店ではお米もカップ麺もそろっていました。 地域によるのかな。

スーパーで、買わない買わない・・と繰り返す私に主人が爆発しました。
「経済が冷え切ってもダメなんだ!!  買うことも大事なんだ。」

プロ野球のナイター問題。
難しいね。 でも、やはりちょっとおかしいのでは…と私は思います。
東京でも真っ暗な中で夕食を食べている人が居るんだよ。
朝から1日のスケジュールを立てて必死で頑張っている人が居るんだよ。 
節電でストーブもつけずに我慢している人が居るんだよ。

でね、私、何か、贅沢な気分になることは気が引けて出来ません。
私の勝手です。 もう少し、もう少し、静かにしていたいと思っています。


もうすぐ春だよ、待ち遠しいね。
e0203499_17511018.jpg
e0203499_17512648.jpg

e0203499_17515533.jpg

仲良しのコロちゃん。 ちょっとブラッシしてもらってないね。

明日は、神戸に行きます。
お嫁ちゃんの弟ちゃんが5月に結婚されるのでお祝いに伺います。
[PR]
by bubi-chiko | 2011-03-22 18:11 | その他 | Comments(2)
今日は、聖歌隊の練習日でした。
ある信者さんのご子息が東京から気仙沼出張の仕事中地震にあわれ、
居合わせたお年寄りの方の「津波が来るからにげろ!」の言葉で、車に乗せてもらって命が助かったそうです。連絡がなかなかつかず、辛い思いをされたことでしょう。

私も昨夜、地震以来初めて息子と話をすることが出来ました。
大丈夫と分かっていても、どうしてるか心配で心配で、夜もなかなか寝れず、でもこんな時期にむやみと電話するのも非常識だし、停電、品薄で
てんやわんやしているお嫁ちゃんの邪魔になってもと我慢していました。

行方の分からないご家族、お知り合いを探しておられる方々、プライバシーのない寒い中で暮らしておられる方々、どんなにお疲れでしょうか。 厳しい気候の中で暮らされていた東北の方々はとても頑張り屋で我慢強い方々と伺います。 でも、何も言われないだけに、それだけに雪だるまのように、
たまって行くストレスは莫大な物でしょう。お体に障ることでしょう。 
せめて、1日でも早く暖かい日がきますように。 
支援の手がすみずみにまで行き届きますように。

常に、みなさんの事を考えます。 
そしたら、今の自分が何をしたらいいか、我慢したらいいか、判るでしょう。

明日は教会によって奉仕者の確認をしてから、山科教会に用事で参ります。

息子ちゃんが結婚式をしていただいた教会です。 
何事も上手くいきますように。
どうぞ家族一緒に暮らせますように・・・と祈って来ましょう。
[PR]
by bubi-chiko | 2011-03-19 20:14 | その他 | Comments(6)
東日本大震災から1週間たちました。

今朝も屋根はうっすらと白く雪が積もっていました。
このところ毎日です。 昨日も終日、吹雪で寒い1日でした。

こちらでもこんな寒いのに、震災にあわれた方々、暖房も足りない中で、
どんなにつらい毎日を過ごしておられることでしょう。 

毎日毎日の報道、涙なしでは見ることが出来ません。

頑張って、頑張って・・・って、言ってしまいます。 
それしか言葉が見つかりません。

でも、阪神淡路大地震の後、体を壊して10か月後に亡くなった父の最後の頃に、私がかけた言葉、「頑張ってね。」
父はいいました。「もうこれだけ頑張ってるのに・・・・・」
絶句してしまった私に、しばらくしてから父はそっと言いました。
「頑張るからね・・・・。」

それから、私は「頑張って。」と言う言葉を口に出しては言えなくなりました。

東京に居る子供たちも不自由な生活をしています。

通勤も大変。お腹の弱い息子、可哀そうに困っているんじゃないかな。
社員食堂も材料調達が難しいとの事で閉鎖。 お弁当持参になりました。
カロリー制限のあるお婿ちゃんのお弁当作りは大変でしょう。
食料を買いに行っても、棚は空っぽ、レジでも2時間待ちだとか。
昨夜も、ろうそくの火で夕食を食べたとか・・・。

宝塚に居る妹、いつものように玄米を買いに行ったら玄米の棚空っぽだったそうです。  白米と違い貯蔵出来るからと、今まで白米を買っていた
人たちが買い占めたそうです。

お嫁ちゃんから、「懐中電灯が乏しくなってきたから、電池があったら買って下さい、東京では買えないから。」と連絡がありました。 探したけれどどこにもない。懇意の電気屋さんに頼んだら、「Oさん遅いわぁ、もうメーカー
からも入らないんだからぁ。」と言われました。 漏れ聞いた友人が1個譲ってくれました。 チビさんがいるから、停電は大変だよね・・・って。 

昨日は定期検診に行ってきました。
まだ、数日分のお薬はあったのですが、私のように薬切れを起こすと命にかかわる者は、きちんと自分で自衛をしておかなくてはと思ったのです。
なにかあった時には 出来るだけ周りの人に迷惑をかけないように。
看護婦さんの話では、東北のドクター不足で、滋賀県でも何か考慮中
らしく、先生もとても多忙だとか。
4時間待ちました・・が、温かい場所で・・・。

耳を澄まして、聞いてみようよ。
目を開いてみてみようよ。
悲鳴が聞こえるよ、泣き顔、疲れ切った顔が見えるよ。


私達に出来ることはなんなんだろう・・・・。

募金運動だけでなく、もっともっと優しい気持ちになりたい。
震災にあわれた方々、そして今不自由な生活をしている人達の心に
そっと寄り添うことが出来たら・・・・。

どうしてもお菓子を作れません。 
冷蔵庫にたまった玉子、贅沢にオムライスとか、卵料理が続いています。
きっと昨日の血液検査、引っかかるだろうなぁ・・・・。

e0203499_8495997.jpg
e0203499_8501158.jpg

どうぞ、どうぞ、皆さんに、穏やかな日が1日でも早く訪れますように。
笑顔が浮かびますように。
私達も、どんな小さなことでもいいから、今困っている方々の心に添うよう、努力していこう。

ご不自由な生活をしておられるブログでお友達になった方々、
心から心からお祈りをしております。
[PR]
by bubi-chiko | 2011-03-18 09:04 | その他 | Comments(2)

ご不幸続き・・・。

東日本巨大地震にあわれた方々、本当に大変です。
阪神淡路大震災の場を見てきた私にとっては、映像で映されるその後ろにあるもっと酷いものが判るだけにたまりません。  
教会でも募金を始めました。 早く、何が入用なのか、どんなお手伝いが
必要なのか、公的機関からの指導が待たれます。

東京の子供たちに連絡が取れない時、気が違わんばかりに心配しました。
直接地震にあわれた地域の方々、そして、その地にご親族、お知り合いのおられる方々の事を思うと、言葉になりません。

ずっと野菜を売りに来てくれていたトマトのおじいちゃんが亡くなられました。
軽自動車、自転車、一輪車、お歩き・・と、年を取られるに従い、使用される車も変わって来、最近は畑もされなくなっていました。 
2階のガラス磨きをしている娘に、「よう働くなぁ、偉いなぁ、落ちるなよ。」と
声をかけてくれました。
私の術後は、留守をしても、お玄関に「食べなさい。」と栄養のあるお野菜を黙って置いて行ってくれました。買い物の他に、いつもおまけをコソッと
くれました。 私がお礼に差し上げる甘いものを喜んで召し上がってくださいました。     ご不幸が続きます。
だんだんと代替わり・・と言うか、親しかった方々がいらっしゃらなくなるのが淋しくてたまりません。
[PR]
by bubi-chiko | 2011-03-13 15:56 | 夕食 | Comments(0)